★ストーリー


桃井良太(主人公)は学園最後の夏休みを目前に控え、ずっと好きだった幼馴染・明日香に告白し、晴れて恋人同士になれた。
「私も好きよ…ずっと前から…あなたのことが…」


小さいときからお互いに好きあっていることは知りつつ、どうしてもあと一歩が踏み出せなかった二人だったが、最後の夏を恋人同士として過ごせることに良太は胸をおどらせていた。

そんな矢先、義理の妹である千夏が良太の家に転がり込んできてしまう。
「だってお兄ちゃんに早くあいたかったんだもん♪」


千夏は兄である良太に対し、小さい頃から「兄以上への好意」を抱いており、その思いに答えることができなかった良太が、進学と同時に一人暮らしをはじめた理由のひとつになっていた。

明日香とのこともあり、千夏を追い返そうとする良太だったが両親が旅行で不在ということもあり、夏休みの間だけ同居することになる。

そんな良太の心を知ってか知らずか、一緒に住めることを幸いに、積極的にアプローチしてくる千夏。そして、明日香との関係は…?!
「あーーーーーーっ! やっぱりいぃぃぃぃぃ!」


そして、いろいろな女の子との出会いを通して成長していく主人公…。

「来てくれると思わなかったから…うれしい」