一つ前のCGを見る 画廊_千代 一つ次のCGを見る
千代「ぅっ、んっ……んはぁ、んちゅ、ちゅぷっ……」サンプルボイス_千代1
牢番の反り返った肉棒を目の前に突きつけられると、千代は嫌な顔をしたものの、文句を言うでもなく従順に従った。今までの調教の賜物か、千代の態度は最初の頃に比べてだいぶ素直になったようだ。肉棒を見るなり目を逸らし、全身で男というものを拒絶していたあの千代が、今や自ら従順に奉仕している。
千代「んっ、んっんんっ……んぐっ、んぷぁっ! ぁっ、ぅんんっ……ん、ふぅぅ……っ。くっ、ぅむ……っ」サンプルボイス_千代2
千代「はぅ、んぐっ……ん、ぉふ、ふぅ……ふぅ……ぅ、ぅぐっ! ん、ぐっ、はぁっ、ああ……ぁん、んんん……!」サンプルボイス_千代3
口元でビクビクと脈打つ肉棒を咥え、口内で舌を亀頭に絡め、唇で挟んで扱く。横から突き出された肉棒も、言われた通りに握り締め、緩々と扱き出す。
千代「ふは、はぁ、はぁっ……ん、んく、んくんく……ん、ぷぅ……。ふ、んん、んぶ、ちゅっ……んちゅぅぅ……ぅむう」サンプルボイス_千代4
牢番1「よしよし……その調子だ。もっと唾液を絡めながら全体を舐め回せ」
千代「んぐ、ふぅ……ぅ、くっ……んふ、んぶ、ぶちゅるっ、んちゅ、ちゅるるっ……。んく、くぷくぷ……ん、んぉっ」サンプルボイス_千代5
千代「ごぷっ、んん、んんくぅ、ぅ、ぉぶぅっ……。んはぁっ、ぃ、ぃやぁ……だんだん……ん、粘っこくなってきてる……んぐぅ」サンプルボイス_千代6
頬を僅かに紅潮させながら、千代は牢番の反応を窺いつつ肉棒をしゃぶる。肉棒に這う舌が忙しなく口内で蠢き、千代は無意識の内に、口淫に夢中になってきてしまっていた。